抜け毛予防と対策@頭皮ケアおたく

抜け毛予防と対策頭皮ケアおたく

頭皮の乾燥は荒れた大地!

乾燥しやすい冬

冬になると空気が乾燥して乾燥肌になりがちですが、肌の乾燥は体に限らず頭皮も乾燥します。 その結果フケが出たり頭皮の肌荒れを引き起こし薄毛につながる可能性があります。 乾燥を抑えて頭皮のコンディションを良い状態に保つためにはどうすればいいのでしょうか・・・

●温度と湿度

室内での対策

暖房と同時に加湿器

ただでさえ乾燥しやすい時期ですが、室内での暖房は乾燥をさらに強めてしまいます。 のどを痛めるなどの理由で加湿器を使用する人は多いのですが、 加湿器で空気に水分を含ませることによって肌や頭皮の乾燥も防ぐことができます。 加湿器がないという場合でも、ストーブの上にやかんを置いたり、 洗濯物を室内で干す(水分を含んだ布を干しておく)というだけでも室内の乾燥はかなり緩和されるので、 しっかりと対策していきましょう。

外出時の対策

帽子で地肌を守る

帽子やヘルメットをかぶると頭皮が蒸れると言われていますが、冬場には乾燥した空気から頭皮を守ってくれるという意味でもあります。 乾燥した空気を中に入れないという意味で風を通しにくい帽子をかぶるとよいでしょう。 冬場でも長時間帽子をかぶっていたり運動をしたときには蒸れてくることもあるので、 頭が暑い(かゆい)と感じたら帽子を脱いで空気の入れ替えをしていきましょう。

乾燥肌なのに脂性!?

なぜ脂性になるのか

脂性になる理由の一つとして頭皮の乾燥があります。 乾燥しているのに脂性になるってどうして?と思うかもしれませんが、人の体には外敵から身を守るという特性があります。 なので、強い乾燥で頭皮がカサカサになってしまうと、それを守ろうとして多量の皮脂を分泌するようになるのです。 そして脂性になったからといって洗浄効果の強すぎるシャンプーなどで頭皮を洗ってしまうと必要な皮脂まで洗い流してしまい、 さらに多量の皮脂を分泌するという悪循環に陥ります。

脂性の改善と予防

まず皮脂の分泌量を抑えるために、シャンプーを変えましょう。 洗浄力の強いシャンプーを止めると、始めは洗った直後なのに髪がべたっとして少し気持ち悪いという状態になりますが、 数日経つと過剰な皮脂分泌が収まり、洗髪して長時間経っても髪がべたつくことがなくなってきます。

手足の先が冷たくなりやすい人は・・・

血行が悪い

当たり前ですが、手足の先が冷えやすいという人は血行が悪く血液が循環するのが遅いということです。 血流が滞っているということは、髪や頭皮に十分な栄養が行っていないということになります。 寒い場所にいると誰でも手足は冷えるものですが、身体は温かいのに手足は冷たいという冷え性の人は 血液がサラサラになるよう食事や栄養バランスを考えて対策していきましょう。

↑ PAGE TOP